幸福を生む住まい

 
新しく求める家には、何を求めていますか?

住まいが古くなったから、新しい家が欲しい。

子供が大きくなって、今の住まいが狭くなったので、広い家が欲しい。

住宅資金にめどがついたから、そろそろマイホームが欲しい。

などなど、様々な理由やきっかけがあると思います。

住まいづくりをお考えのみなさま。

でもそれは、住まいを求める「動機」であり、「目的」ではありません。

真の目的とは、「末永く家族が幸せに暮らす」ということだと私たちは考えます。

では、そのような住まいを造るにはどのようにすればいいのでしょうか・・・?

私たちはこう考えます。

「末永く家族が幸せに暮らす」ためには、5つの条件があると・・・

  1.家族が心身共に健康であること

  2.家庭が平和で安心な生活であること

  3.生活に足りる家庭経済が保てること

  4.子供がよい社会人に育つこと

  5.毎日の生活が快適であること


このような条件を満たす住まいを、私たちは「幸福を生む住まい」と呼んでいます。

また、「幸福を生む住まい」は、施主と業者が心と心を合わせた信頼関係の上に成り立つものであり、住まいづくりは、両者の「合作」でなければなりません。

 

→幸福を生む住まいの10ヶ条へ

 

▲このページのトップに戻る