塗装のすすめ

◆どうして定期的な塗り替えが必要なの?

「外壁の汚れが気になる」そう思いながら、そのままにしていませんか?

家の外壁は、私たち人間に例えるなら「皮膚」です。

たとえば、UVケアを怠っているとシワやシミができ、何もせずただ放置を続けていると、さまざまな肌トラブルが生じてきますよね?

家の外壁も同じなんです。塗り替えは約10年に1度位が目安と言われていますが、1度も住宅の塗り替えをしないでいると、ヒビ割れ・サビ・カビが発生し、放っておくと家はボロボロになり、住宅耐用年数をも縮めることになります。

定期的な診断による早期発見と正しい塗装(ケア)が重要なのです!

  

  

  

◆わが家は大丈夫? お家の健康診断チェック!

・外壁

風雨・紫外線・排気ガスなど、家にとって天敵はいっぱい。あなたの家の外壁は、下記のような症状はありませんか?

 

外壁の種類 劣化現象

・モルタル

・ALC

ひびが入っている
塗膜が割れたり、はがれて下地が露出している
カビや藻などの汚れが発生している
手でこすると白い粉が手に付く(チョーキング現象)
・サイディング 目地のシーリング材が剥がれ、隙間やひび割れがある
壁の浮きや膨らみ、反りがある
色あせや塗膜の欠落がみられる
カビや藻の影響でサイディングが腐食している

  

 

・屋根

実は、外壁以上に傷みやすいのが屋根。雨漏りしてからでは手遅れになる事も。

※屋根の点検は危険ですので、専門の方へご依頼ください。

 

屋根の種類 劣化現象

・屋根瓦

瓦が浮いている
汚れやカビが発生している
塗膜が割れたり、はがれて下地が露出している
・金属屋根 瓦が浮いている
塗料がはがれて、さびている
トタンが浮いている

 

 

・付帯部

破風板・軒天・雨トイなどの付帯部分もきちんと塗らないと腐食したり、錆びてしまうので見落とさないで!

 

 

付帯部の種類 劣化現象

・鉄部、木部

・戸袋

・破風板

破損やヒビがある
塗膜がはがれている
腐食や汚れが目立っている

 

 

◆後悔しないための、塗装の Q&A

・Q1 あっ!壁にヒビ割れが・・・。どうしてなの?

A .硬い被膜の塗料は、壁と一緒にヒビ割れます。

ヒビ割れが起きると壁に水が浸入し、直ぐに建物は腐食し始めます。だから、ヒビ割れは絶対放置してはいけないのです。ヒビ割れ対策には、伸縮性のある弾性塗料を使うのがベストです。壁がヒビ割れても、塗料が伸びて水の浸入を防いでくれるのです。

  

・Q2 それではリフォームにはどのような塗料がおススメですか?

A .耐久性のある、高品質のものがおススメです。

実は、塗料の違いが建物の寿命を大きく変えています。高品質な塗料を用いた塗料と、そうでない塗料とではずいぶん差がでてしまうものです。一般的に高品質な塗料は高額ですが、寿命が長いので一概に高コストだとは言いきれません。長い目で見ると、むしろ低コストになる場合があります。

  

・Q3 外壁や屋根の調査はどのようなことをおこなうのですか?

A .専門の職人がくまなく診断し、状況をご説明します。

塗り替えを行うには、お客様が住まいの現状を知ることが重要です。お客様が目の届かない屋根などは、デジカメで撮影をし、状況を確認していただいております。一般的に7年経つとコケ・カビ・ヒビ割れなどの現象が出始めますので、ご自身の目で確認して頂き、それを目安に塗り替えを行うと良いでしょう。

 

・Q4 複数の業者からの見積り金額が違うけど、一番安い業者に頼んで大丈夫!?

A .安易に金額だけで決めるのはとても危険です!!

塗装にも、相場価格というものがあります。馬鹿みたいに高い金額や極端に安い金額を除けば、見積りの金額だけでは判断しにくい場合があります。重要なのは、”施工内容に見合った金額”かということです。塗料の品質や職人の技能、アフターサービスがしっかりしているのか、安さだけで選ばずに適正価格で選びましょう。

 

 

◆後悔しない、塗料選びのポイント!

 tophyou.jpg

 

 

・アクリル塗料

最もコストパフォーマンスと施工性に優れており、その手軽さから住宅の塗り替えで多く使われている。但し、耐久年数が短いため、小まめなメンテナンスが必要。建て直しの予定が近いうちにある場合やとりあえず色を変えたいというケースでは最適。

 

・ウレタン塗料

アクリル塗料に比べてワンランクグレードが上がる。特徴は、塗膜に光沢があり、伸縮性がある。硬度・耐薬品性にも優れているが、住宅にはアクリル塗料同様、耐久年数が短く、変色の可能性もあり、塗り替え周期を短期間で設定する必要がある。

 

・シリコン塗料

塗膜に光沢があり、一般塗料に比べて弾性(微弾性)があること。耐久年数もある程度あり、塗り替え後、10年以上建て替えの予定がなければ、最低限、このシリコン以上の塗料を選択することがベスト。但し、弾力性は10年程度経つと劣化する。

 

・フッ素塗料

耐久年数が最も優れている。コスト的にも高価格帯の塗料が多い。光沢感があり、防汚性も良い。なるべく長期間、塗り替えたくない建物(商業用ビルなど)に最適。注意点は、塗膜が硬いので、建物にヒビが入った時に一緒に塗膜もヒビが入る可能性が高い。

 

アステックペイントとは・・・

防水・伸縮・防カビ性で最高品質。耐久性も高い遮熱塗料。

国内では希少なピュアアクリル樹脂から作られている特殊塗料です。耐久性は今までの塗料とは比較にならないほど高く、また、塗膜の伸縮率が660%と世界最高水準です。外壁のひび割れにはこの伸縮する塗膜が追随し、表面のひびを防ぎます。留意点としては、高度な施工技術を必要とするため、一般施工職人では施工が難しいことです。アステックペイントは、ほとんどが水性であるため、臭いが気にならず、施工現場周辺の住民の方々に迷惑をかけることはありません。低VOCは1%以下ですので人体にも全く影響有りません。

 

サンゼン設計工務では、その品質の高さから、「アステックペイント」をおすすめしています。

               「アステックペイント」の詳細はこちらへどうぞ

 

▲このページのトップに戻る